読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武田連合軍の部屋

上司撲滅計画を決行せよ! キャスティングボードは、若者がつかめ!

おすすめ書籍「月刊ビジネス選書」

めったに書籍の紹介はしませんが、
今回だけは特別です。

僕が即買いして、これは凄いと思った書籍が 「月刊ビジネス選書です。

■こんな立場の人向け
・経営者
・ビジネスマン
・webライター
・クリエイターなど

■こんなスキルを得たい人向け
・文章を書くスキルをより身に着けたい人
・コピーライティングスキルを身に着けたい人
・読書する習慣がなく、本を読むきっかけをつかみたい人
・新しいことにチャレンジしたい人
マーケティングスキルを身につけたい人
・営業スキルを上げたい人
・仕組み作りに興味がある人

■こんな人にはおすすめできません。
・成長に興味がない人
スキルアップより、だらだらと流された人生を送りたい人
・今さえよければいい人
・勉強がキライな人
・本を読む習慣がなく、これからも読むつもりがまったくない人
※このような人はぜったいに買わないで下さい!

本屋では販売されていない最先端の洋書の翻訳版なので、
普通には買えません。

「月刊ビジネス選書」
年間購読 29,800円(+消費税)

含まれるもの

【1】毎月1冊新刊をお届け(年間12冊分)
【2】お好きな本5冊(1万4900円相当)
【3】電子書籍が読み放題(10万1270円相当)
【4】毎月の新刊(紙の本)と同時に電子書籍も追加
   (3万5760円相当)

※100%満足保証付き
30日間試読して、気に入らなければ、理由不問で返金OK
しかも本の返却は不要!

ところで、 あなたは、月に何回美味し物を食べに行きますか?

毎回の支払いはいくらですか?

仮に月2回、お酒の入った夕食を楽しむとします。

単価は@4,000円 x 2回 =8,000円

これが、仮に毎月だとすると、8,000円 x 12ヶ月 =96,000円(年間)

実際、東京暮らしだったら、こんなんじゃ済まないかもしれませんね!?

これと単純比較はできないかもしれませんが、
本がいかに安い買い物であるか
がわかると思います。

僕は基本飲み会は、ほぼ断捨離しています。

ただし、夢を語れる、学びの多い3名以下の飲みは、参加するようにしています。 (4人以上集まる飲み会はお断りしています。周りに話をあわせるあまり、 会話の内容が薄くなり、本音での語らいが不能となるからです。)

そんな時間があれば、書籍の著者の叡智に触れる事の方が遥かに わくわくし、ためになると思えるからです。

「月刊ビジネス選書
は、一般には販売されておらず、広告宣伝もほとんどしていないため、
情報を自ら取りにいくことをしていない人は、まず辿り着けません。

このボリュームとバリエーションのあるライブラリーが
この値段はたぶん他にはないと思います。

そして、自分に合わない本があれば、返金制度があるので、 お金は戻ってきます。

ここもビジネスモデル的に秀逸だと思います。
(しかも、返品しなくていいので、そのままもらえてしまう。

そんな僕のおすすめでした。